ドリエル 副作用

ドリエルの副作用は危険!?

 

ドリエルは睡眠改善薬として最も有名なものです。
薬局でも買えるし、大手製薬メーカーがつくっているから
興味がある人は多いでしょう。

 

しかし、気になるのは副作用。。。
薬ですから当然副作用はあります。

 

この記事では、ドリエルを飲んで副作用が出た人の
口コミをまとめました。


ドリエルの副作用についての口コミ

 

だるい

 

すんげーだるい・・。なんすかこれ?
朝の薬の切れが絶望的に悪い。。。
無理に起きますが午前中はめまいがしました。1錠だけだったのに。
導眠も遅いです。落ちるまで2-3Hかかりました。(1錠だったから?)
これじゃあ今日はしっかり寝るぞ!と寝る2H前に薬を飲まないといけないですよ。

引用元:http://www.cosme.net/product/product_id/2897064/review/500383772

 

うちの弟がドリエル飲んだらコロッと眠れたと言ってたので買ってみました。GWで昼夜逆転生活をしていて仕事があるので生活リズムを戻そうと飲んでみました。確かに眠れましたが翌日すごーく体がだるい、辛い。もう飲みません。やはり規則正しい生活は大事という事を実感しました。

引用元:http://www.cosme.net/product/product_id/2897064/review/305578311

 

頭痛がする

 

仕事での肉体的、精神的疲労からか不眠が続いた時に購入しました。
私には効きました!
ただ、次の日頭が痛い。
朝も眠くてなかなか起きれず…顔を洗っても眠くて、半目で化粧(笑)

引用元:http://www.cosme.net/product/product_id/2897064/review/305173068

 

動悸がする

 


 

吐き気がする

 


 

悪夢・幻覚をみる

 


 

尿意がひどい

 

飲まないほうが良かったといつも後悔する。頭が重い感じになるが、逆に目がパッチリとする。動悸が激しくなる。15分おきにトイレ、すごい量の尿が出る。こんな状態が朝まで続いてクタクタ。
本当に、これを飲まずにおとなしく横になっていたほうがまだ疲れがとれたかもしれない。

引用元:http://www.cosme.net/product/product_id/2897064/review/506514366

 

翌日まで眠気が続く

 

私がドリエルを服用した翌日は例外なく強烈な睡魔に襲われました。
午前中は常に眠い状態です。ボーっとしてしまい、はっきりいって仕事になりませんでした。

引用元:https://www.jubilove.com/entry/drewell#i-5

 


ドリエルの副作用はやっぱり強かった・・・

 

以上のように、

  • 動悸
  • だるさ
  • 悪夢
  • 頭痛
  • 頻尿
  • 吐き気
  • 翌日まで眠気が続く

といった副作用が多く見られました。

 

その他にも
喉が渇く、赤い湿疹ができるといった症状を
訴える人もいました。

 

特に眠気が翌日まで続く場合は、
事故につながりかねないので危険
といえるでしょう。

 

 

私の経験でも・・・

 

私も以前、ドリエルを飲んだことがあります。

 

私は昔から寝つきが悪い不眠症です。

 

睡眠薬には頼りたくないけど、とりあえず寝つけるようになりたかったので、
仕方なく飲みました。

 

 

・・・飲んだ後、すっごく気分が悪くなりました。

 

おまけに寝れません!

 

頭がふらふらしながら、朝まで格闘しました。

 

飲まなければよかったと思いました。

 

あなたには同じような辛い経験をしてほしくありません。


そもそも不眠症の人は飲んではいけない!?

 

そもそもドリエルは、病院で処方される睡眠導入剤とは根本的に違います。

 

ドリエルの成分「塩酸ジフェンヒドラミン」は、
アレルギー症状を緩和するための薬として使われてきました。
塩酸ジフェンヒドラミンには副作用として眠気があります。
この副作用である眠気を逆手にとって睡眠薬として
売り出したのが、ドリエルなんです。
いってしまえば、アレルギー薬を飲んで眠ろうとしているのと一緒です。

 

 

睡眠薬よりも優れている点があるとしたら、
依存性がないことでしょうか。
病院で出される睡眠薬は、依存性が非常に高いです。
一方のドリエルは、依存性はありません。
なので、飲み続けて薬物中毒のようになる恐れはありません。

 

ただ、それ以上に致命的なデメリットがあります。
それは、服用後すぐに耐性ができてしまうことです。
仮に効果があった人でも、数日〜1週間すれば、
効かなくなりことがあります。
ジフェンヒドラミンの本来の効果である”アレルギーの改善”には耐性はありません。
しかし、副作用である”眠気”は、すぐに耐性ができてしまうんですね。

 

よって、どうしても眠れない時に一時的に活用するには向いていますが、
慢性的な不眠には効果はありません。

 

エスエス製薬側も「不眠症の人は飲んではいけません」
というような注意をしています。

 

睡眠改善薬なのに不眠症の人は飲んではいけない、
なんておかしな話ですよね。


最近注目されている睡眠サプリメントとは?

 

最近では、従来の睡眠薬よりも、
睡眠サプリに注目が集まっています。

 

ドリエルなどの睡眠薬は、薬の力をつかって半ば力技で眠気をおこさせます。
薬による眠気なので、気分が悪くなることもあるし、
翌日まで眠気を引きずることもあります。

 

一方、睡眠サプリは、天然のリラックス成分によって、
自然にウトウトとした眠気を誘います。
私も実際に飲んでみましたが、
気持ち良く眠りにつくことができたし、目覚めもスッキリでした。

 

もちろん、サプリメントなので基本的には副作用はありません。

 

”基本的には”と言ったのは、中には副作用が出るサプリメントもあるとの情報もあるからです。
サプリメントとはいえ、人工成分が入ったものは体に何らかの悪影響があることが懸念されます。

 

 

そこで、人工成分が入っていない睡眠サプリメントを探してみました。

 

 

すると、以下のサイトに情報がありました。

 

 

こちら⇒睡眠サプリ

 

 

リンク先で紹介されているサプリは、
人工成分などは含まれていませんでした。
これでしたら副作用の心配は全くありませんよ。